治療の流れ

薬NK細胞療法ががんの治療に効果的ということは理解できたと思いますが、どのように治療が進んでいくのか知らないと少々怖いという方もおられるでしょう。特に、今後この治療法でがんに立ち向かおうと考えている方だとどのような治療を行うかについては知っておきたいはずです。治療の流れとしては、まず患者さんから血液を採取して科学的な培養技術によって刺激、活性化を進めていきます。血液の採取はだいたい50ccくらいで、これを2週間ほど培養させることで数億から数十億のNK細胞を増殖させることができるといわれています

先ほど少しお話したように、NK細胞はがん細胞を攻撃するという特徴がありますから、NK細胞の量を増やすというのは効果的です。増殖されたNK細胞がどうなるのかですが、増殖されたあとのNK細胞は生理食塩水に溶かした状態で再び患者さんの体内に戻されることになります。治療期間は患者さんの状態などによっても変わってきますが、だいたい三ヶ月に6回程度の投与治療で1クールとなります。NK細胞を用いた免疫治療法は保険外診療となりますから、そこは注意しなくてはなりません。治療費などについても治療をうける医療機関によって変わってきます。

≪参考サイト≫医療法人輝鳳会-NK細胞療法治療