放射線治療との組み合わせ

ドクター放射線治療はがん治療におけるスタンダードな存在と言っても過言ではないでしょう。ガンの治療に放射線が用いられるというのはよく知られていますし、ご存知の方も多いのではないでしょうか。この治療法は科学的根拠に基づいた最良の治療法ともいわれていますが、その分強い副作用に悩まされてしまうことも少なくありません。では、この放射線治療とNK細胞療法を組み合わせて治療を行うことができるのかということですが、結論からお話すると可能です。放射線治療によってがん細胞を攻撃し、同時に体内の免疫力を高めていくという方法が効果的と言われています。

NK細胞療法に限らず免疫療法は以前から第四の治療法として期待されていました。人間の体にはもともと免疫がありますし、悪性腫瘍細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やTリンパ球を活性化させることによって癌に対抗することが可能になるということです。放射線治療というのはあくまで今存在するがん細胞にダメージを与えて消し去る方法ですが、NK細胞療法だと人間の体の免疫力そのものを高めていくのです。つまり、この二つの治療法を組み合わせることには大きな治療効果が期待できますし、これまで以上の高い治療効果が見込めるということです。最後に治療の流れについて説明します。