がんのNK細胞療法

細胞がんと聞くと自分には関係のない病気、縁遠い病気だと思ってしまいがちですが、実は癌はとても身近な病気の一つです。日本人の二人に一人が生涯に一度は何らかの癌にかかると言われていますし、すべての日本人にとって癌はとても身近な病気なのです。がんになる原因はさまざまですし、禁煙や食生活の見直し、運動などによってある程度の予防はできるものの完全に防ぐことはできません。それがガンの恐ろしいところでもあります。

遺伝子が傷つくことによってがんになってしまいますが、この病気は人から人に感染することはありません。感染する病気だと思っている方もおられるでしょうが実際にはそんなことはなく、あくまで本人にだけ症状が現れます。また、がんは一つの箇所に発生するわけではなくいろいろな部位に転移してしまうことがあり、それも恐れられる理由の一つと言えるでしょう。そんな癌の治療ですが、現在では薬物療法と放射線治療、免疫療法といった方法が主に用いられています。

また、現在注目されている治療法の一つがNK細胞療法と呼ばれる治療法です。新しいがんの免疫治療法といわれていますしさまざまなメリットがあると言われているのですが、多くの方はこの治療法についてご存知ないでしょう。そこで、ここではNK細胞治療についての基礎知識や、放射線治療と組み合わせて治療を行ってもいいのかといった内容をお届けしたいと思います。少しでも関心のある方はぜひ読み通してください。