Category: 未分類

治療の流れ

薬NK細胞療法ががんの治療に効果的ということは理解できたと思いますが、どのように治療が進んでいくのか知らないと少々怖いという方もおられるでしょう。特に、今後この治療法でがんに立ち向かおうと考えている方だとどのような治療を行うかについては知っておきたいはずです。治療の流れとしては、まず患者さんから血液を採取して科学的な培養技術によって刺激、活性化を進めていきます。血液の採取はだいたい50ccくらいで、これを2週間ほど培養させることで数億から数十億のNK細胞を増殖させることができるといわれています

先ほど少しお話したように、NK細胞はがん細胞を攻撃するという特徴がありますから、NK細胞の量を増やすというのは効果的です。増殖されたNK細胞がどうなるのかですが、増殖されたあとのNK細胞は生理食塩水に溶かした状態で再び患者さんの体内に戻されることになります。治療期間は患者さんの状態などによっても変わってきますが、だいたい三ヶ月に6回程度の投与治療で1クールとなります。NK細胞を用いた免疫治療法は保険外診療となりますから、そこは注意しなくてはなりません。治療費などについても治療をうける医療機関によって変わってきます。

≪参考サイト≫医療法人輝鳳会-NK細胞療法治療


放射線治療との組み合わせ

ドクター放射線治療はがん治療におけるスタンダードな存在と言っても過言ではないでしょう。ガンの治療に放射線が用いられるというのはよく知られていますし、ご存知の方も多いのではないでしょうか。この治療法は科学的根拠に基づいた最良の治療法ともいわれていますが、その分強い副作用に悩まされてしまうことも少なくありません。では、この放射線治療とNK細胞療法を組み合わせて治療を行うことができるのかということですが、結論からお話すると可能です。放射線治療によってがん細胞を攻撃し、同時に体内の免疫力を高めていくという方法が効果的と言われています。

NK細胞療法に限らず免疫療法は以前から第四の治療法として期待されていました。人間の体にはもともと免疫がありますし、悪性腫瘍細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やTリンパ球を活性化させることによって癌に対抗することが可能になるということです。放射線治療というのはあくまで今存在するがん細胞にダメージを与えて消し去る方法ですが、NK細胞療法だと人間の体の免疫力そのものを高めていくのです。つまり、この二つの治療法を組み合わせることには大きな治療効果が期待できますし、これまで以上の高い治療効果が見込めるということです。最後に治療の流れについて説明します。


NK細胞療法の基礎知識

放射線すでにお伝えしたように、がんの治療法としてよく知られているのは放射線治療です。ほかにも化学療法や造血幹細胞移植といった方法がありますが、近年ではがん治療に免疫療法が用いられることも多くなってきました。NK細胞はナチュラルキラー細胞のことで、1970年に発見されたといわれています。腫瘍細胞やウイルス感染細胞などに対して大きな細胞傷害活性を示すのも大きな特徴と言えるでしょう。では、このNK細胞療法を用いることにはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

いろいろなメリットがあると言われていますが、もっとも大きいのは副作用がないということでしょう。がん治療の代表格ともいわれている放射線治療は強い副作用があるといわれていますし、そのために放射線治療に抵抗を感じてしまう方も少なくありません。体にかかる負担がどうしても大きくなってしまいますし、患者さんにとっては相当ツライ治療となってしまうでしょう。進行した癌や末期のガンについては放射線による強い副作用が逆に寿命を縮めてしまうことも珍しくありません。NK細胞療法だとそうした副作用による心配がありませんから、それゆえに治療法として期待を寄せられているのです。続いては、放射線との組み合わせをする治療について紹介します。


がんのNK細胞療法

細胞がんと聞くと自分には関係のない病気、縁遠い病気だと思ってしまいがちですが、実は癌はとても身近な病気の一つです。日本人の二人に一人が生涯に一度は何らかの癌にかかると言われていますし、すべての日本人にとって癌はとても身近な病気なのです。がんになる原因はさまざまですし、禁煙や食生活の見直し、運動などによってある程度の予防はできるものの完全に防ぐことはできません。それがガンの恐ろしいところでもあります。

遺伝子が傷つくことによってがんになってしまいますが、この病気は人から人に感染することはありません。感染する病気だと思っている方もおられるでしょうが実際にはそんなことはなく、あくまで本人にだけ症状が現れます。また、がんは一つの箇所に発生するわけではなくいろいろな部位に転移してしまうことがあり、それも恐れられる理由の一つと言えるでしょう。そんな癌の治療ですが、現在では薬物療法と放射線治療、免疫療法といった方法が主に用いられています。

また、現在注目されている治療法の一つがNK細胞療法と呼ばれる治療法です。新しいがんの免疫治療法といわれていますしさまざまなメリットがあると言われているのですが、多くの方はこの治療法についてご存知ないでしょう。そこで、ここではNK細胞治療についての基礎知識や、放射線治療と組み合わせて治療を行ってもいいのかといった内容をお届けしたいと思います。少しでも関心のある方はぜひ読み通してください。